読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんどかったけど経験と思えば

また一つ歳を取った。中身が何も成長していないのに歳だけ重ねるの怖いと常日頃から思ってるからか、じっさいにその日が来てもとくべつガッカリした気持ちにはならなかった。去年もそうだったと思う。予感的な恐怖が強すぎて現実のものごとがあまり響かないというか良くも悪くも殆ど麻痺した状態でそれを迎えることになる、いつも。伸びきったゴムみたいな感覚。過剰な防衛本能はたぶん長い時間をかけて人生を蝕んでいくから(ずっとずっと全くの無傷でいられるわけがない)、そのしっぺ返しに対しても心の準備をしておかないといけない。ね。けちくさすぎて愚かでしょう

 

今日はでっかい三角油揚げが名物の寺院に行った。そこの池で鯉を見た。あれ全部で何十匹居たろう、とにかくすごい数の鯉の群れ。一緒にいるひとが餌投げる素振りをして鯉たちを惑わせていたのが面白かった。水面に顔出して必死に口をパクパクさせていた。ごめんね

お昼は念願の窯焼きピッツァとパスタのランチ。どちらもすごく美味しかった。デザートのきなこのパンナコッタはなんか不思議な食感と味がした。きなこというよりは胡麻の風味だった。

もうお腹いっぱいだったけどずっと行きたかったカフェにコーヒーを飲みに行った。以前行ったとき知り合いがそこでバイトしてて気まずい思いをしたのでしばらく間を空けて(2年ぐらい)おそるおそる訪問したのです。知り合いはいなかった。ホッとした

 

夜のバイトを正式に辞めた。お店の都合上いますぐに辞められると困るからって今月いっぱいまでは勤める約束だったのだけど、やっぱりもうこれ以上あと1回だって店で働きたくなくて、先週の出勤で最後にしたいですという旨のlineを昨日送った。少し怒られたけどそれでもあっさり了承してもらえた。明日仕事終わりに給料明細だけ貰いに行く。自分の意思で始めたことではあるのだけど、心の荷がどすんと下りた

予想していたとおり、デリヘルを何ヶ月かやれていたのならキャバクラなんて余裕だろ、なんてことは全然なかった。男の機嫌を伺っていい気持にさせるという目的は同じだけど、求められるコミュニケーションの質がやっぱり別物なんだ。死ぬほど向いてなかった。問題なく接客できているつもりでもどこかおどおどした態度になってしまってすぐつけ込まれる。キャバクラをキャバクラと割り切っていない、あわよくば精神旺盛なめんどくさい客にばかり気に入られる。信じられないことに恋人作りを目的にそういう店を利用して回ってる男が老若問わず多くいて、もうなんか愚かすぎて気持ち悪かった。そういう人たちを相手に毎日営業メールとかしなきゃいけないというのがほんとにほんとに無理だった。本能的に舐められやすい性質のせいで必要以上にきつい目に遭っていた気がする。とにかく向いてなかった。仕事だろうがなんだろうが男を手玉に取って転がすみたいな芸当はとても私にできることではなかったんだな、と思い知った。他にもキャバクラのバイトを通して感じたことは色々あったのだけどとりあえずこれだけ